事務所紹介

所長紹介

宇田 幸生(うだ こうせい) 弁護士

宇田 幸生(うだ こうせい)
弁護士

ご挨拶

私が弁護士になった理由は、不動産業を営んでいた父の影響が大きいと思います。
繁華街のビルオーナーだったことで、反社会的勢力とのトラブルに巻き込まれたこともある父は、日頃から「自分の身を守ってくれるのは法律だ。法律はどんなところでも通用する」と口にしていました。
その言葉に押されて、私は大学で法を学び、実際に法律を扱う弁護士という仕事に就くことになったのです。

交通事故という悲惨な人身事故に巻き込まれた方を法律で守る!
そのことをモットーに、心や体に傷を負われた被害者の方に寄り添いながら、最善の結果を出すことをお約束いたします。

経歴

1972年(昭和47) 愛知県名古屋市生まれ。
1995年(平成7) 関西大学法学部法律学科卒業。
1996年(平成8) 司法試験第二次試験合格。
1999年(平成11) 愛知県弁護士会登録後、2000(平成12年)高柳法律事務所入所。
2005年(平成17) 愛知大学法科大学院非常勤講師、財団法人日弁連交通事故相談センター愛知支部嘱託弁護士、日本司法支援センター愛知地方事務所地方扶助審査委員に。
2013年(平成25) 宇田法律事務所開設、公益社団法人被害者サポートセンターあいち理事を勤める。ラジオ・テレビにも多数出演、法律の専門家として交通事故被害者支援について語る。

メディア出演・講演活動

ラジオ出演

FM AICHI「Night Birds」~マチベン幸生のHappy Life~出演

NHKラジオ「中部朝一番」出演

FMななみ「アフタヌーンバラエティ」出演

ミッドFM『弁護士宇田幸生のリーガルあい!!』パーソナリティ

テレビ出演

2013/03:テレビ愛知 『山浦ひさしのトコトン!1スタ』~交通事故に見る法律の限界~」出演

2015/06:名古屋テレビ『UP!』特集「救われる?事件の損害賠償命令…加害者の支払い能力は」出演

2017/06:東海テレビ『みんなのニュースOne』出演

2017/10:TBS系列全国版「実録、まさかの衝撃事件」番組監修

著作

置き去りにされる犯罪被害

~法律のイロハから被害者問題まで、マチベンが語る~

宇田 幸生著

誰もが犯罪被害者になりうる! すべての国民のためにもセーフティネット強化を!

町の弁護士さんが被害者支援活動の体験を踏まえ我が国の被害者支援の展開、

今後の希望を語る!

(amazon 紹介文より)

所属弁護士

大川 大介(おおかわ だいすけ) 弁護士

大川 大介(おおかわ だいすけ)
弁護士

ご挨拶

弁護士に相談することは敷居が高いことだと感じておられるかもしれませんが、些細なことでもお気軽にご相談下さい。私は、人の笑顔を見ることが大好きです。相談に来られた方が問題を解決したり、問題解決のヒントを掴んで、ほっとした表情で帰られる姿を見たときに、一番幸せを感じます。皆様さまに安心して頼っていただけるよう日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

学歴

1999年 菊里高校卒
2004年 名古屋大学法学部卒
2007年 南山大学法科大学院卒

職歴

2011年 司法試験第二次試験合格
2012年 愛知県弁護士会登録
2012年 民事介入暴力対策委員会、倒産実務対策委員会所属
2015年 宇田法律事務所所属

事務所の方針

事務所の方針

当事務所は「被害者救済」を第一に考えています。精神的に大変辛い状況であっても、悩まずに、まずはご相談ください。
すでに治療継続中でも、治療が終った後でもかまいませんが、早い段階でお話を伺わせていただければ、その段階でできること、取るべき対策について、詳しくご説明させていただきます。

事務所の特徴

事務所の特徴

交通事故の損害賠償には、刑事事件の証拠も非常に有力な材料になりますので、その情報収集を踏まえ、より有利な形で民事事件の損害賠償請求ができるようにお手伝いをさせていただきます。
今は刑事事件でも被害者が裁判に参加できる制度もあります。これら各手続を活用して、自分の本当に辛かった思いを訴えることで、慰謝料の増額も目指します。

また、過失の場合も事故対応について、刑事の裁判でもしっかり訴えていきます。場合によっては、刑事事件のなかで示談にすることにより、早期に賠償金で解決する方法も考えていきます。刑事と民事の両方の手続きを踏まえながら、ご依頼者さまによりよい結果を出せるよう、事件処理をすすめていきますので、安心してご相談下さい。

交通事故後の具体的な流れ

交通事故後の具体的な流れ
  • 1交通事故に遭ったら警察へ連絡。「人身事故」の交通事故証明書を取得する

    見た目にけがを負っていないからと、警察で物損事故と処理された場合、医師の診断書を警察に提出し、人身事故の証明を取っておきましょう。人身事故でないと保険会社から治療費が出ない可能性があります。

  • 2病院に通院・入院

    事故後の医師の診断、治療経過が事故の判断材料になるので、たいしたことないと思ってもきちんと通院しましょう。通院は医師から完治か症状固定と判断されるまで続けないと適正な賠償請求ができません。

  • 3治療をしても効果がでない「症状固定」になった場合

    治療をしても完治せず、症状が残る「後遺症」がある場合、「後遺障害」とみて、加害者側に請求するための等級認定を受けることになります。
    症状固定になると、その後の治療費や通院のための交通費については原則として保険会社に請求できなくなります。費用負担を軽減させたい保険会社は、早期に症状固定を要請してきます。

  • 4主治医に後遺障害診断書を作成してもらう

    後遺障害の等級認定に必要な検査(治療に必要な検査とは別のもの)を受け、主治医に後遺障害診断書を作成してもらい、後遺障害の等級認定申請を行います。

  • 5後遺障害の等級認定を元に賠償金を請求

    後遺障害の等級が認定されたら、精神的な苦痛に対する「後遺障害慰謝料」、本来なら得られたはずの労働による利益を失った「後遺障害の逸失利益」といった賠償金の請求を加害者側にします。

弁護士法人概要

事務所名 弁護士法人宇田法律事務所
代表弁護士 弁護士 宇田 幸生
所在地 〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町33番9号Kビル3階
TEL/FAX 電話:052-932-9327 (営業時間外090-3253-9327)
FAX:052-932-9328
開所年月日 2013年5月
登録番号 愛知県弁護士会所属 登録番号26448

宇田法律事務所

事務所名 宇田法律事務所 
所属弁護士 弁護士 大川 大介
所在地 〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町33番9号Kビル3階
TEL/FAX 電話:052-932-9327 (営業時間外090-3253-9327)
FAX:052-932-9328
開所年月日 2013年5月

アクセス・営業時間

営業時間
9:30~18:00

休日:土曜・日曜・祝日
※時間外でも事前のご予約で対応可能です。
※休日でも事前のご予約で対応可能です。

CONTACT

名古屋市で交通事故にあったら、交通事故の示談金のことでお困りでしたらご相談ください。
桜通線高岳駅より徒歩約7分・東山線新栄町駅より徒歩約8分|時間外・休日でも、事前のご予約で対応可能です。

pagetop